仁愛会歯科グループ 東急線沿線に7医院

 

歯みがき剤のフッ化物濃度の上限拡大

こんにちは。日吉クリニックの坂口です。

みなさんは、普段使っている歯磨き粉にフッ化物が入っていることを知っていますか?

2017.3.17 に厚生労働省により、歯磨き剤のフッ化物濃度の上限拡大が承認されました。

これまで1,000ppm以下に規定されていた歯みがき剤のフッ化物濃度の上限を1,500ppmまで引き上げました。

 

フッ化物配合の歯みがき剤が社会に浸透しているなかで、その濃度についての問題提起がなされてきました。その背景には、欧米では1,000ppm〜1,500ppmの薬用歯みがき剤が

一般的であるなか、日本においては上限が1,000ppmに設定されていました。

 

今回の承認を受け、歯みがき剤メーカー各社から1,000ppm〜1,500ppmのフッ化物配合の歯みがき剤が発売されることになります。

ちなみにサンスターではもう発売されています。

 

高濃度のフッ化物配合薬用歯みがきが販売されるにあたり、その注意表示として

①「6歳未満の子供への使用は控える」旨を表示する

②「6歳未満の子供の手の届かない所に保管する」旨を表示する

③  濃度を直接容器などに記載する

④  内容物が10g以下の場合、②を省略することができる

などの基準が設けられています。

 

取扱いに注意し、セルフケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー:スタッフブログ ,日吉
投稿日:2017年5月29日

 || 
マウスピース矯正
医院アイコン

医院一覧

ネット予約アイコン

初診・定期検診 ネット予約