初診の方の
インターネット予約
24時間受付中
>>>

根の病気の原因

根の病気の原因について

 根の病気の原因は細菌です。神経が生きている間は根管内に細菌は存在しません。細菌さえいなければ、問題はおこらないのです。根管治療において、根管内に細菌が入らないようにすることや、すでに根管内が感染している場合では細菌を可能な限り除去することが大切です。そのためには、治療で細菌が入らないような様々なルールを遵守することが重要です。なかでも一番重要なことは、無菌的な環境で治療をおこなうことです。使用する器具の滅菌はもちろん、唾液が根管内に入り込まないようにしながら、治療を行っていきます。

関連リンク