保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い

義歯(部分入れ歯・総入れ歯)には、保険適用できる種類とできない種類があります。
保険適用の義歯と自由診療の義歯の大きな違いは「装着時の違和感」と「見た目」にあると思います。
どちらの義歯が適しているかは、違いをご理解いただいた上で、患者様がご自分に合うと思われるものをお選びください。

 

保険の入れ歯について

保険の入れ歯の特徴

• 人工歯および義歯床(ピンクの部分)の素材はプラスチック(レジン)のみ
• 部分入れ歯には必ず固定する金属(クラスプ)がある。

利点

•治療費が安い。
•壊れても修理しやすい。

欠点

•全体的に分厚くなり、装着時の違和感が大きい。
•食べ物の温度を感じにくくなってしまう。
•部分入れ歯の場合、入れ歯を固定する金属(クラスプ)があるため、見た目が悪くなってしまう。

保険の入れ歯の種類

保険外の入れ歯について

保険外の入れ歯の特徴

• 人工歯および義歯床にプラスチック(レジン)以外の素材を使用できる
• 部分入れ歯の歯に固定する金属を目立たない素材のものにすることができる。

利点

•金属を利用した薄い総入れ歯や、見た目の良い部分入れ歯など、「装着時の快適さ」や「見た目」を良く作る事ができる。

欠点

•治療費が高額になってしまう。
•ブリッジやインプラントに比べると違和感がある。

保険外の入れ歯の種類