入れ歯治療とインプラント治療の違い

入れ歯治療とインプラント治療の違い

入れ歯治療

入れ歯治療とは、取り外し式の義歯を使用し歯の欠損を補う治療法です。
プラスチックの入れ歯なら保険適用されるので、安価に作る事ができるという利点はありますが、取り外し式のため手入れが大変、話しづらい、食べカスが入れ歯の下に溜まる、臭いがつきやすい、ガタついてしっかりかめないという欠点などもあります。
また部分入れ歯の場合、入れ歯を固定するために周囲の歯にクラスプという金具を引っ掛けていますが、お口を開けた際にそのクラスプが見えてしまい、見た目が悪くなったり、入れ歯がガタつく際にその金具をかけた歯も揺らされてしまうので、歯の寿命を縮めてしまうという欠点もあります。


インプラント治療

インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に固定式の連結ブリッジを入れる事ができれば、入れ歯のようにガタついたりしませんので、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。また入れ歯特有の歯肉を覆うピンクの部分がありませんので装着時の違和感や、話しづらさもありません。

 

インプラント治療を併用した半固定式の入れ歯治療

入れ歯と、その下にある数本のインプラントをアタッチメントや磁石で連結する事ができれば、通常の入れ歯のように話をしている最中に入れ歯がはずれてしまったり、入れ歯がガタついたりするようなことはありません。歯肉覆う範囲もかなり小さくすることができるので、装着時の違和感を少なくする事ができます。