入れ歯(義歯)

義歯(入れ歯)でお悩みではありませんか?

厚生労働省が六年に一度行う歯科疾患実態調査によると80歳以上の残存歯数の平均は約10本、
「8020達成者」(80歳で20本以上の歯が残っている方)の割合は38.3%という結果が出ています。
この事から多くの方が何かしらの歯牙欠損治療を受けられている事が分かります。

現時点では、保険が適用できる歯牙欠損治療はブリッジか義歯(入れ歯)しかありませんが、多くの歯を失ってしまった場合は義歯になる場合が多いです。そして、義歯を使用されている患者様から「痛い」、「すぐに外れてしまう」、「違和感が強い」などの悩みも多く聞かれます。

仁愛会では、保険の義歯であっても可能な限り患者様のお口にぴったり合った義歯をお作りしておりますが、より快適な義歯生活を送っていただくために、様々な種類の義歯をご提案しています。