院内感染対策

仁愛会歯科での院内感染対策について

仁愛会は全ての患者様に安心して受診していただくため、様々な院内感染対策を行っています。

高圧蒸気滅菌器の使用

患者様のお口の中に入る器材で加熱可能なものには、高温・高圧の蒸気を一定時間掛ける事によってあらゆる細菌を完全に死滅(滅菌)させてます。
ミラーやピンセットなど患者様ごとの準備器具や歯を削る道具などは主にこの装置で滅菌されて出てきます。

ディスポーザブル製品の使用

ゴム手袋、手洗い後のペーパータオル、紙コップ、紙エプロン、注射針、注射液、手術用の針・メス等は完全に使い捨てです。歯磨き指導用の歯ブラシ、歯間ブラシも同様です。
使用後の感染性廃棄物は専門業者が処理します。

薬液消毒・超酸性水の利用  特殊薬液消毒では肝炎ウイルスをも死滅できる消毒レベルを基準として消毒剤を選択しています。手指消毒やユニット(治療台)などの消毒に対しては、水を電気分解して得られる超酸性殺菌水を活用しています。

肝炎・エイズウイルスにも効果がありますが、原料が水のため人体や環境に優しいものです。
医療分野では火傷の消毒、手術室の拭き掃除などに使用されています。

口腔外バキューム空気清浄機の使用

口腔外バキュームによって歯や入れ歯を削った時に空気中に舞う粉塵を吸い込み、また空気清浄機も設置することによって院内の空気環境にも配慮しています。