詰め物での虫歯治療

詰め物での虫歯治療

虫歯が比較的小さい段階では、昔のように型取りはせず、虫歯だけ削って、「コンポジットレジン」という樹脂製の白い材料を歯につけて修復する事が可能です。
歯の侵襲を最小限に抑える事が出来るため、優れた治療法ですが、虫歯が大きくなると、コンポジットレジンでは強度的に不十分なため、型取りが必要となります。
またコンポジットレジンはお口の中で成形しなければいけないので、あまりに複雑な形の場合も型取りが必要となります。歯の型取りをして作るタイプの詰め物を「インレー」といい、数種類あります。
詳しくはインレーについてご覧下さい。

詰め物での虫歯治療

コンポジットレジン充填について

初期の虫歯で歯を削る量が少ない場合は、インレーではなくコンポジットレジン(白い樹脂製の材料)を充填して修復します。虫歯治療のためのコンポジットレジン充填は保険で行うことができますが、強度が弱い素材ですので、大きく歯を削る必要がある虫歯の治療やかみ合わせが強い方には適しません。
コンポジットレジン(ペースト)と光照射器

症例写真

金属の詰め物(インレー)の下に虫歯があります。

 

金属をはずして虫歯を除去した状態です。
従来の治療ならばここで型取りして、次回来院時に金属かセラミックのインレーをセットしていましたが、今ではこの穴に直接コンポジットレジンを充填していきます。

 

コンポジットレジンを充填して形態や噛み合わせの調整をして治療終了です。治療に要する時間は約30分です。 ほぼ治療痕が目立たず、一日で治療終了できる事がコンポジットレジン治療の利点です。

一番奥の歯に銀歯があります。コンポジットレジン治療は銀歯に比べると目立たなく、審美性が高い事がわかります。

 

欠けた歯やすきっ歯に白いレジンを盛って修復するダイレクトボンディング法は、保険適用外の治療となりますので、ご了承ください。

インレーについて

インレーとは、奥歯に入れる部分的な歯です。虫歯が大きく、コンポジットレジンで修復が困難な場合に型取りをして作製します。型取りして、模型を作りインレーが出来上がるまで、通常一週間近くかかります。インレーが出来上がるまでは、仮詰めをしますのでガムなど粘着性の食べ物を食べる際は取れないように気をつけて頂きます。

保険治療でのインレー(銀歯)

保険が適用されている金属は金銀パラジウム合金といい、いわゆる銀歯です。金属のため強度があるという利点がありますが、見た目が悪く、時間が経つと金属イオンがお口の中に溶け出して歯肉を変色させる事があります。また歯に強く接着させる事が出来ないため、歯と銀歯との隙間のセメントが劣化して間から虫歯になりやすいという欠点もあります。審美的な治療をご希望の方や再治療を少なくしたい方、金属アレルギーがご心配な方には貴金属またはセラミックの詰め物をおすすめしております。

保険外治療でのインレー(ゴールドインレー)

保険の金属と比べて金属イオンの溶け出しのリスクが低く、アレルギーや歯肉の変色を引き起こしにくいと言う利点があります。また銀歯よりも柔らかいため、咬み合う歯を傷つけにくいのが特徴です。金属ですので強度があり、奥歯などかみ合わせの強い部位にも使用できますが、審美面では目立ちやすい等の欠点があります。またフォークやスプーンなど他の金属との接触で微弱な電流(ガルバニー電流、ガルバニック電流)が生じ、ピリッと感じる事があります。

保険外治療でのインレー(セラミックインレー)

オールセラミックインレー

保険の金属に比べるとアレルギーの心配はありません。また歯と同じような色で作ることができるので銀歯に比べて目立ちません。材質はセラミック100%ですので汚れや傷が非常につきにくく、経年的な劣化が少ないのが特徴です。セラミックは歯に強く接着させる事が可能なため、インレーと歯との隙間のセメントが劣化し、間から虫歯になるリスクも下げる事が出来ます。ただし金属に比べると割れるリスクがありますので、担当医と相談して決めるようにして下さい。

ハイブリッドセラミックインレー

ハイブリッドセラミックとはレジンとセラミックを混ぜた材料です。セラミックより安価に出来ますが、経年的な劣化があるため、長期的な安定を望む方にはオールセラミックをおすすめします。

 

ハイブリッドセラミック症例写真