保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い

保険の入れ歯と保険外の入れ歯の違い

義歯(部分入れ歯・総入れ歯)には、保険適用できる種類とできない種類があります。保険適用の義歯と自由診療の義歯の大きな違いは「装着時の違和感」と「見た目」にあると思います。
どちらの義歯が適しているかは、違いをご理解いただいた上で、患者様がご自分に合うと思われるものをお選びください。

保険の入れ歯について

保険の入れ歯の特徴

保険の入れ歯の特徴
保険の入れ歯の特徴
  • 人工歯および義歯床(ピンクの部分)の素材はプラスチック(レジン)のみ。
  • 部分入れ歯には必ず固定する金属(クラスプ)がある。

利点

  • 治療費が安い。
  • 壊れても修理しやすい。

欠点

  • 全体的に分厚くなり、装着時の違和感が大きい。
  • 食べ物の温度を感じにくくなってしまう。
  • 部分入れ歯の場合、入れ歯を固定する金属(クラスプ)があるため、見た目が悪くなってしまう。

保険の入れ歯の種類

保険の総入れ歯についてはこちら

保険の部分入れ歯についてはこちら

保険外の入れ歯について

保険外の入れ歯について
保険外の入れ歯について

保険外の入れ歯の特徴

  • 人工歯および義歯床にプラスチック(レジン)以外の素材を使用できる。
  • 部分入れ歯の歯に固定する金属を目立たない素材のものにすることができる。

利点

  • 金属を利用した薄い総入れ歯や、見た目の良い部分入れ歯など、「装着時の快適さ」や「見た目」を良く作る事ができる。

欠点

  • 治療費が高額になってしまう。
  • ブリッジやインプラントに比べると違和感がある。

保険外の入れ歯の種類

金属を使用した義歯についてはこちら

ノンクラスプデンチャーについてはこちら

インプラント治療について

インプラントについてはこちら

仁愛会歯科とは

仁愛会歯科とは

仁愛会歯科は、東急線沿線(用賀/目黒/学芸大学/自由が丘/武蔵小杉/日吉/綱島/綱島駅前)にある歯医者です。当院では、歯科医師が治療内容をきちんとご説明したうえで、最善の治療を行います。毎月6,000名の患者さんが来院されています。(2019年実績からグループ全体での延患者人数、訪問診療を含みます。)

求人情報
歯科ドック
矯正無料相談
スルガ銀行デンタルローン
コロナウィルス感染予防対策バナー
歯科健診センター
ミスユニバース神奈川
© 1972 - 医療法人仁愛会歯科
電話予約
ネット予約