メインビジュアル
初診・定期検診 ネット予約

マウスピース矯正とは?

マウスピース

目立ちにくく、取り外しすることにより清掃性が良い新しい矯正方法になります。

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置を歯に装着して歯を動かす矯正治療です。

仁愛会グループ 2020年神奈川県全体で症例数第2位獲得 

マウスピース

マウスピース矯正の流れ

1簡易シュミレーション、相談

マウスピース

最初にお口の中をスキャンします。 その後、3Dシュミレーションソフトを使い、矯正前、矯正後の歯の移動を動画で確認します。 簡易シュミレーションでは、AIによる診断になります。

2検査、診断

マウスピース

簡易シュミレーション後の精密検査、診断を行い、患者様と精密なシュミレーション動画を確認し、理想の歯並びに近づけるように修正していきます。

3マウスピース矯正開始

マウスピース

マウスピースをお渡しして治療開始します。

4治療終了、保定

マウスピース

マウスピース矯正のメリット、デメリット

メリット

マウスピース

目立たない

薄い透明のマウスピースで矯正するため歯に装着しても目立ちません。

マウスピース

清潔に保てる

取り外しが可能なため、装置に食べ物が詰まる心配がなく、はずして普段通りお食事することができます。

マウスピース

低価格

ワイヤー矯正と比べて、低価格で提供可能です。

マウスピース

痛みが少ない

ワイヤー矯正と違い、装置が粘膜や舌にあたって痛みを感じることがありません。

デメリット

マウスピース

装着時間を守らないと歯が動かない

装着時間を守らないといけない。 取り外しできることはメリットですが、1日最低20時間以上装着しないと動かすことはできません。

マウスピース

治療できない症例がある

マウスピース矯正では不向きな歯並び噛み合わせの患者様は治療できない場合がございます。

マウスピース矯正の費用

Invisalign/Invisalign Go 料金表

Invisalign
コンプリヘンシブパッケージ
Invisalign Go
マウスピースの枚数 制限なし 20枚
動かせる範囲 7-7 親知らずを除く奥歯から動かします 5-5 前から5本目までの歯を動かします
前後的関係改善 クラスⅠ,Ⅱ,Ⅲ 対象外
精密検査(税込) ¥33,000 ¥33,000
マウスピース装置価格(税込) 両顎のみ:¥682,000 両顎:¥462,000
片顎:297,000
保定装置費用(税込) 両顎のみ:¥55,000 両顎のみ:¥55,000

・難易度により変わりますが、550,000円か770,000円になります。(保定装置含む)
・難易度は患者様の歯並び及びかみ合わせにより変わります。検査診断を行い、説明致します。
※その他、調整料は含みません。
お気軽にご相談ください。

診療科目

仁愛会歯科とは

仁愛会歯科とは

仁愛会歯科は、東急線沿線(用賀/目黒/学芸大学/自由が丘/武蔵小杉/日吉/綱島/綱島駅前)にある歯医者です。当院では、歯科医師が治療内容をきちんとご説明したうえで、最善の治療を行います。毎月6,000名の患者さんが来院されています。(2019年実績からグループ全体での延患者人数、訪問診療を含みます。)

求人情報
矯正無料相談
スルガ銀行デンタルローン
コロナウィルス感染予防対策バナー
歯科健診センター
ミスユニバース神奈川
© 1972 - 医療法人仁愛会歯科
電話予約
ネット予約