仁愛会歯科グループ 東急線沿線に7医院

 

キシリトールの秘密

キシリトールの秘密

キシリトールはむし歯の発生を防ぐ?

むし歯の原因にならない甘味料は数多く存在し、糖アルコールと呼ばれるものがその代表です。
基本的に全ての糖アルコールはむし歯の原因にはなりません。
しかし「むし歯の原因にならない」と「むし歯の発生を防ぐ」は、大きく異なります。

むし歯の原因菌は砂糖をエサにして酸を作り、歯を徐々に溶かしていきます。
キシリトールはむし歯菌に取り込まれても酸が産生されず、さらにむし歯菌の栄養にもならないので徐々にむし歯菌が弱っていきます。この事によりむし歯のできにくいお口の中の環境が作られます。

様々な研究から、現時点では「むし歯の発生を防ぐ」効果が証明されている甘味料はキシリトールだけです。むし歯予防効果は各々の研究で異なりますが、キシリトールを使用した場合30~80%むし歯の発生を防いでいます。

小さなお子様がいるご家庭でも

2年間お食事で使う砂糖を全て、キシリトールにかえたむし歯予防効果は、砂糖が入っている食事を食べながら、食後にキシリトールガムを噛む効果と全く同じである事が証明されています。

それ以来、食後にキシリトールガムを噛むことが推薦されてきました。赤ちゃんが生まれる前、もしくは生まれてすぐに、お母さんがキシリトールガムを噛むことが、子供へのむし歯の伝播を防ぐ事も証明されています。
キシリトール100%は歯科医院のみで買えます。

キシリトールを上手に使おう

キシリトールの効果が期待できる菓子は、ガムかタブレットに限られます。
これ以外のお菓子や食品では、お口の中にとどまる時間が少なく効果を期待できないからです。

またこれらのお菓子には、キシリトールができるだけ高濃度(50%以上)入っている事と、砂糖などの発酵性の甘味料が入っていない必要があります。ですからパッケージの成分表示を良く見て、糖類が0gで有ることと、糖質中におけるキシリトールの割合が50%を超えている事を確認してください。

う蝕予防効果を十分に発揮させるためには、高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3回3ヵ月以上続ける必要があります。むし歯になりやすい場合には、特に効果的と考えられます。

ミュータンス菌の感染予防には、子供の歯が生える少なくとも3ヶ月前から、母親をはじめとする子供の周囲に居る人たちへのキシリトール使用が望まれます。

予防歯科について

マウスピース矯正
医院アイコン

医院一覧

ネット予約アイコン

初診・定期検診 ネット予約