仁愛会歯科グループ 東急線沿線に7医院

 

歯科用CT

こんにちは。

武蔵小杉クリニックの中川です。

本日は当クリニックに設置してある歯科用CTの紹介をしたいと思います。
CTとは

一般によく聞くCTとは、Computed Tomographyの略です。

コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。

歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。

主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療に用いられます。

従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTでは三次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。
・見えなかったものが見え、情報量が増える

一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造なども、より鮮明に見えます。顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、神経の走行、病巣などを立体画像で確認できます。
・治療の安全性の向上

インプラント治療では、埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が正確に確実な判断ができるので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が即日に行えます。
また、歯科用CTはインプラントのみならず、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。

歯科用CT画像を用いることによって、より安全性と質の高い診断・治療を行えます。

 

カテゴリー:スタッフブログ ,武蔵小杉
投稿日:2015年12月4日

 || 
マウスピース矯正
医院アイコン

医院一覧

ネット予約アイコン

初診・定期検診 ネット予約