ホワイトニング

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯の表面に塗布した薬剤によって、歯の内部の色素を分解し漂白する事です。
また、歯だけではなく、歯肉(歯茎)の黒ずみを改善する歯肉漂白の施術も行っております。

 

ホワイトニングの種類

ホームホワイトニング(ご自宅で行うホワイトニング)

ホームホワイトニングとは、患者様自身がマウスピースの中に薬剤を入れ、ご自宅で毎日数時間装着する方法です。オフィスホワイトニングよりも弱い薬剤(ホワイトニング剤)を使用しますので、希望通りの白さになるまで時間がかかる場合がございますが、ホワイトニング中の知覚過敏や歯の色の後戻りのリスクを軽減することができます。

関連リンク

オフィスホワイトニング(歯科医院で行うホワイトニング)

オフィスホワイトニングとは、歯科医院でホワイトニングを行う方法です。
高濃度の薬剤を使用するため短時間で歯を白く出来ますが、一度で希望の白さにならない場合には数回通院する必要があります。
また、オフィスホワイトニングは短期間で歯を白くすることが出来るというメリットがある反面、短期間で色の後戻りが起こりやすいというデメリットもあります。よって白さを長持ちさせたい方にはホームホワイトニングとの併用をお勧めします。

関連リンク

ウォーキングブリーチ(神経を抜いて変色した歯のホワイトニング)

神経を抜いてしまった歯は徐々に黒ずんで変色してきてしまうことがあります。ウォーキングブリーチは神経が無い歯だけに行えるホワイトニングです。ウォーキングブリーチは、神経を取った歯の中にに過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混合したホワイトニング剤を注入し、徐々に歯に浸透させるという方法のホワイトニングです。

関連リンク

歯肉漂白(歯茎の色を改善するホワイトニング)

メラニン色素の沈着によって黒ずんでしまった歯茎の黒ずみを、専用の薬剤を用いて改善しピンク色に戻します。

関連リンク

ホワイトニングの効果について

ホワイトニングの効果には、個人差がございます。

歯質や歯の状態、薬剤の作用時間、唾液の量や質など、多くの条件に結果が左右されますので、必ずしもご希望通りの仕上がりになるとは限らないことをご理解いただいた上で、施術をご判断ください。

ホワイトニングを行った歯は、一般的には数年たつと実施前の色に戻ると言われております。喫煙される方、コーヒー・赤ワイン・カレーなど色の濃い物の摂取頻度の高い方は、多少戻りが早くなります。白くなった歯の色を持続させたい方には定期的なホワイトニングをお勧め致します。その場合は薬剤のみ購入頂けます。

歯の色の改善

歯の色を改善するには、クリーニング・ホワイトニング・セラミック治療の三つの方法がございます。患者様の歯の状態や、ご要望などにより適する処置が違って参りますので、担当の歯科医師にご相談ください。

クリーニング

歯の表面に付着したステイン(茶渋・タバコのヤニなどの歯の汚れ)であれば、専用の器具を使用するクリーニングで落とすことができる場合がございます。表面の汚れや色素を落とすことで、歯本来の白さに戻す方法ですので、生まれつきの色以上に白くすることはできません。またステインは、お茶を飲んだりタバコをすったりすると付着するものですので、短期間でまた変色してしまいます。

関連リンク

ホワイトニング

薬剤を歯に作用させる事で漂白する方法です。数年で元の色に戻ってしまうと言われておりますので、歯の白さの維持を希望される方は、定期的なホワイトニングを受けられることをお勧めしております。

関連リンク

セラミック治療

白いセラミック製の詰め物や被せ物を使って歯を白くする方法です。歯を削らなければいけないデメリットはありますが、短期間で希望通りの白さにでき、歯並びも綺麗にする事が出来ます。
詳しくは歯科医師にご相談ください。

関連リンク