ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、レジンによって、割れたり欠けたりした歯を修復したり、歯の隙間を埋めたり、歯の色を改善したりする治療法です。
ダイレクトボンディングで使用するレジンは保険治療で使用するレジンよりも高品質で、色調やツヤなどで審美性の高いものになります。
様々な色調のレジンを塗り重ねて形成しますので、患者様ご自身の歯の色に合わせた、自然な色合いに仕上げることができます。

ダイレクトボンディングの利点

ほとんど歯を削ることがありません

歯が欠けた部分にだけ直接レジンを塗り重ねますので、治療のために歯を削る必要がほとんどありません。

1本の歯の治療が一日で終わります

他のセラミック治療とは違い歯型をとる必要がありませんので、一日で治療を終えることが出来ます。

短期間で歯並びを綺麗にできます

ダイレクトボンディングで歯の隙間を埋め、歯並びを綺麗に整えることが出来ます。歯を大きく削ったり、歯型を取ったり、矯正で歯を動かしたりする必要がありませんので、短期間で美しい歯並びにすることが出来ます。

細かな色を再現でき、変色がしにくいです

様々な色調のレジンを塗り重ねますので、患者様ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いに仕上げることができます。また、ダイレクトボンディングで使用するレジンは保険治療のレジンよりも高品質で、変色がしにくいという特徴を持っています。

破損したとしても修理が容易です

割れたり欠けたりした場合でも、比較的修理が簡単です。

セラミック治療よりも安価です

ダイレクトボンディングは保険適用外でやや高価ですが、他のセラミック治療よりも安価です。

ダイレクトボンディングの欠点

1回の治療時間が長くなることがあります

何種類ものレジンを少しずつ歯に塗り重ねていきますので、1本の歯を仕上げるのに1時間以上を要することがあります。

保険治療のレジンよりも費用がかかります

ダイレクトボンディングは保険が適用されませんので、保険のレジンよりも高価になります。

大きい欠損の場合は適しません

レジンは強度面でセラミックや金属より劣るため、広範囲の欠損の修復には適しません。

歯科医師の技量によって仕上がりが左右されます

ダイレクトボンディングは歯科医師がレジンを直接歯の上に塗り重ねますので、歯科医師によって仕上がりに差が出ます。審美性を求められる方は審美歯科治療の実績がある歯科医院を選ばれることをお勧めします。