歯周病治療の流れ

歯周病基本治療

まず歯周ポケットの値をはかり、歯周病の進行を確かめます。炎症が強い場合は痛む事もございますが、この値をもとに治療の計画をたてます。その後、原因を取り除くための治療を行います。歯周病の原因となるプラーク(歯垢)やプラークが唾液によって硬化した歯石を取り除き、清潔な状態を維持できるようにしていきます。

プラークコントロール

プラークコントロールとは、虫歯や歯周病の原因になるプラークを減らすことを言います。どんなに歯科医院で綺麗に汚れを落としても、家に帰ってからご自身できちんと磨けなければ、治療の効果は半減し、再発の原因にもなります。担当の歯科衛生士を中心に正しいブラッシング指導を行います。

関連リンク

スケーリング(歯石除去)

歯や歯周ポケットの中に付着している歯石や汚れを、超音波スケーラーまたは手用スケーラーで器械的に除去することです。歯石は歯周病(歯槽膿漏)の直接の原因ではありませんが、歯石がついていることでプラーク(歯垢)が溜まりやすくなったり、歯石の表面に付着した原因菌が感染症を起こして進行してしまうことがあります。超音波スケーラーまたは手用スケーラーを使用します。歯肉縁上の歯石を除去しても症状が改善されない場合は、歯周ポケットの中(歯肉縁下)の歯石除去を行います。

関連リンク

ルートプレーニング(歯根の滑沢化)

歯周病(歯槽膿漏)菌に感染した歯の根の表面(セメント質)を取り除いてなめらかにし、汚れや歯石がつきにくくすることです。歯石除去(スケーリング)の仕上げや、歯肉縁下(歯根部)の歯石や汚れを取り除くために行われます。歯周ポケットの奥の歯石や汚れは超音波スケーラーでは除去しきれませんので、手用スケーラーを使用して丁寧に取り除き、ルートプレーニングを行います。

関連リンク

歯周外科手術

歯周ポケット内に歯石や汚れが大量に付着している場合や、歯周ポケットが非常に深い場合は、手用スケーラーによる処置だけでは完全に歯石や汚れを取り除くことは困難です。スケーリング・ルートプレーニングを行った後に改めて検査を行い、症状の改善が見られない場合は外科手術を伴う治療を行います。

関連リンク

抜歯

当クリニックでも出来る限り歯を残す治療を行っておりますが、重度まで進行して回復の見込みがない場合や、歯を残すことが他の歯や歯周組織に害を及ぼすような場合には、抜歯をせざるを得ないことがあります。抜歯になった場合は、義歯や補綴、インプラントなどで失った歯を補います。お口の状態やご予算、ご希望に応じて可能な治療法をご提案しております。

関連リンク