診療科目

訪問歯科診療の流れ

治療の内容について

患者様と担当医が相談しながら、計画的に治療を進めていきます。
口腔ケア(歯石取り・ブラッシング指導)/入れ歯の作製・修理/虫歯治療/抜歯/歯周病治療などを行う事ができます。

口腔ケア

お口のトラブルは、口腔ケアをしっかり行う事で予防することができます。
美味しく食事が摂れる事は身体的にも精神的にも、生きる喜びにつながります。
さらに、お口の中や、入れ歯が汚れていると、命をおびやかす危険がある誤嚥性肺炎にかかるリスクが高まってしまうため、全身的な健康のためにも口腔ケアは非常に重要と言えます。

入れ歯の作製・修理

合わない入れ歯を使っていると、不快感や痛みからお食事が楽しいもので無くなったり、あまり噛まずに飲み込んでしまうことで胃を悪くしてしまう場合があります。
毎日のお食事を美味しく、しっかりと噛めるようにするため、定期的に入れ歯のチェックをする事をおすすめします。

虫歯治療

年齢と共に唾液の分泌が減ってしまい、口の中の洗浄力も落ちてくるので、高齢者は虫歯になりやすいと言われています。日頃から歯みがきなどの口腔ケアをしっかり行っていれば、歯の寿命ももっと延ばすことができます。
また、虫歯を放置しておくと徐々に進行していき、虫歯菌が歯の根の中を通り歯槽骨まで侵入し大きく膿を持ってしまいます。その菌が血流に乗って全身に回り、患者様が高齢な場合は大きなトラブルにつながってしまう場合があります。
そのようなことが起こらないために早期発見・早期治療が非常に重要になってきます。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)は、細菌(歯周病菌)の増殖によって歯肉に炎症が起こり、進行すれば歯が抜け、あごの骨(歯槽骨)も溶かしてしまうおそろしい病気です。
日本人では、中高年の8割以上がかかっていると言われています。糖尿病や骨粗鬆症など、ほかの病気によってさらにかかりやすくなります。また、増殖した歯周病菌によって誤嚥性肺炎にかかりやすくなるほか、細菌性心内膜炎や脳梗塞を起こす確率が高くなることも報告されています。
歯周病の原因は歯垢で、歯垢が多くなることで歯周病菌が増殖し悪化していきます。歯磨き・口腔ケアをしっかり行うことが歯周病の最大の予防策です。

訪問歯科で使用する機材

歯科医院で使用する治療機器と同等の、コンパクトな機器を歯科往診車に搭載してお伺いします。
そのため、歯科医院で受ける診療と同等の診療が可能です。