顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは顎の関節の周りで何らかの要因で痛みや口が開かないなどの機能低下がおきることを言います。治療をしなくても治る軽度のものから、治療しないと慢性化してしまう場合もあります。

悪化すると、口がほとんど開かなくなったり、顎にしびれが出たり、噛むと痛みがでたりします。
また顎関節症が原因で肩こりや頭痛、食欲不振、全身症状が出る場合も少なくありません。

顎関節症の主な症状

症状は多岐にわたりますが、主に顎やその周辺に症状が出る場合と、顎以外の全身に症状が出る場合があります。症状が多い程顎関節症の可能性が高まります。

顎の症状

全身症状

顎関節の痛み、顎関節炎
顎の筋肉の痛み、顎のしこり
顎関節のクリック音、雑音
顎関節の動きの異常、脱臼
噛み合わせのずれ
顎のゆがみや顔のゆがみ

肩や首のこり
眼の疲れ
頭痛、偏頭痛
めまい、耳鳴り
不眠症、睡眠障害
食事が飲み込みづらい
話づらい
うつ病
自律神経失調症

 

正常な顎関節の動き

顎を開けると骨と骨の間の関節円盤も一緒に動いていきます

顎を開けきった状態

そしてここから閉じていきます

もとの場所に関節円盤も戻ります

顎関節症の中でも多い症状が、関節雑音です。ポキッ、カクッなどと顎から音がするので、認識されやすいこともあります。原因として一番多いのは、関節円盤の前方転位です。

正常よりも関節円盤が全方にあります

この状態でお口を開けると・・

連動して動くはずの円盤を下顎の骨が乗り上げなければなりません

円盤に負担がかかることが分かります

乗り上げた瞬間にポキッと音がします。
これが最も多い、関節雑音の原因です。しかしこれだけで顎関節症というわけではありません。その他の症状と合わせて診断致しますので担当医までご相談下さい。またジャリジャリした音などがする場合は、骨と骨がぶつかり合っている可能性があります。早期の来院をおすすめします。