CT導入!
仁愛会歯科 Blog

こんにちわ、日吉クリニック院長の三浦です

 

4月2日から当院でもCTを導入いたしました。

 

CTとはどんな時に使えるの?

CTは、レントゲン写真を立体的(3次元)に見ることができる装置で、骨の中に埋まっている歯の根の状態、重要な神経や血管などが正確に把握することができ、抜歯やインプラントなどの外科処置や歯周病の進行状態、歯の神経の治療などの治療に役立ちます。

歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

当院で使用している歯科用CTの使用線量は0.1~0.4mSV。医科用CTに比べ撮影時間もかなり短く約15秒程ですので、使用線量が医科用の1/24と低水準です。

年間の自然被爆線量(外にいるだけで浴びる線量)が2~4mSVなので、安全です。

 

つい最近、私自身唾石症(唾液が固まり食事のたび痛みが伴う疾患)にかかり、当院のCTで撮影し確認しました。

2次元のレントゲン写真だとわからなかったのですが、CTで発見することができました

くわしい検査をしないとわからないこともありますので、皆さんまずは定期検査に行かれてみてはいかがですか。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉の歯医者

日付:  カテゴリ:日吉