初診の方の
インターネット予約
24時間受付中
>>>

カテゴリ: 武蔵小杉
仁愛会歯科 Blog

 

小杉クリニックの物販

武蔵小杉クリニック 受付の佐藤です。

去年の改装から物販商品を見やすくディスプレイしてます。種類が多いので、迷われたら何時でもお尋ね下さい。物販だけ買いにお立ち寄り下さる方も多いので、お気軽にお越しください🙌

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

仁愛会武蔵小杉クリニックではお盆期間も診療中

仁愛会武蔵小杉クリニックは、8/12,13,14,15のお盆期間中も通常通り診療しております!!

定期検診の予約が比較的取りやすくなってます!!

また、痛みや症状がある方もお問い合わせお待ちしております!

 

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉  タグ:

イソジンの嘘のような本当の話を信じるな!!

仁愛会歯科武蔵小杉クリニック 院長の秀島です。

大阪府の吉村洋文知事が4日午後の会見でうがい薬の成分である、『ポピドン
ヨード』が新型コロナ感染症の治療効果が期待できることを確認したと発表し
た。アマゾンで会見中に「イソジン」と検索するとみるみる在庫切れになる商
品が続出した。また販売する明治ホールディングス(HD)の株価は急騰。ド
ラッグストアには消費者が殺到し、店頭から製品が消えた。クリニックにも問
い合わせが殺到し処方を望む患者さんが多くいた。
しかし、今回の発表を受けて一般の方がイソジンでコロナ対策としてうがいを
行うことは危険がある。そもそも今回の論文は『コロナに罹患している方がう
がいすると唾液中のウイルスが減った、PCRが陰性になった』である。そりゃ
あ減るでしょう。ウイルスに効果はあるのだから。イソジンは。トランプさん
が「アルコールがコロナに効くなら注射すれば良い」と発言したのを思い出す

体内でウイルスそのものが減ったと松井さんも吉村知事も勘違いしている気が
する。唾液中のウイルスが減れば他人にうつす機会が減るという発言から理解
している可能性もあるが、松井さんは以前もコロナの予防でみんな抗体検査を
するべきみたいな発言をしていたこともあり、医療的な知識不足は否めない。
今回の会見の罪は、一般の方のイソジンでのうがいが、逆にコロナ感染を助長
させる可能性もある点だ。イソジンでのうがいは上気道感染発症を水道水と比
較した報告で効果はなしとされている。
American journal of preventive medicine 2005; 29:302-7.
つまり病気になっていない人が予防的に使っても意味がないのだ。また実際は
ウイルスへ効果よりも細菌に対する効果の方がずっと強いため、口腔内の正常
細菌を破壊してしまう。粘膜の細胞がポピドンヨードの頻回なうがいにより傷
つき、インフルエンザなどになりやすくなったという有名な論文結果もある。
いずれにしても会見から数時間で世の中のイソジンはかなり無くなっただろう
。本当に必要な場所に供給されない事態がまたやってくる。
会見ではある程度、使用を推奨する人を絞っていたのできちんと説明しておく

1 風邪の症状がある人、及びその家族→うがいを行って良いと考える
2 接待を伴う飲食店の従業員→微妙。従来通りの予防策で問題ないと考える
3 医療従事者や介護従事者→従来通りの予防策で問題ないと考える
吉村知事は買い占めなどはやめてほしいと訴えていたが、あの会見を見た一般
の方で医学的な知識がなければ鵜呑みにしてすぐに買いたくなるだろう。

当院では以上の理由から該当する疾患がなければ処方することはありませんの
で、ご了承ください。
今後『予防的・定期的なポビドンヨードの使用が有効かどうか』は現在2本の研
究が進行しています。これらの結果をみて判断する方が賢明でしょう。
https://www.clinicaltrialsregister.eu/ctr-search/trial/2020-001721-31/GB
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT04364802

ただし体調を崩したときに、口の中の清潔をたもつ口腔内ケアはとても重要です
。新型コロナウイルスに限らず、普段からしっかりと歯を磨き、口の中の清潔を
保つと、肺炎などのリスクが下がることがわかっています。
Br Dent J 2017; 222:527-33.

今回の会見が結果的に口腔内への意識を高める結果につながれば幸いです。

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:お知らせ, 武蔵小杉

武蔵小杉クリニック 7月ホワイトニングキャンペーン

こんにちは。小杉クリニックの小笠原です。

武蔵小杉クリニックでは7/1~31までホームホワイトニング

キャンペーンを行っております!!

コロナが続く中、出かける機会の少ない今

お家時間で歯を白くしてみてはいかがですか?

初めての方も検診や治療でいらしてる方も

お気軽にお問合せ下さい♪

 

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

口腔内スキャナー i Tero

こんにちは!武蔵小杉クリニックの五味です!
梅雨入りし、ぐずついた天気の日が続いておりますが1日も早く明けて欲しいですね!

さっそくですがタイトルに書いてある、口腔内スキャナー(ITero)を武蔵小杉クリニックでは導入しております!

iTero(型取り剤を使用せずカメラで撮影し3D化する機械)になるのですがマウスピース矯正やセラミックの詰め物や被せ物を作る際、使われるものになります。
従来の歯の型取りは粘土のようなものをお口の中にいれて型取りし、模型を作製していましたがお口が小さい方や、嘔吐反射が強い方は苦手な方が多いと思いますがiTeroを使用することでその型取りが不要、かつ高精度な印象を取る事ができるようになりました。

iTeroのメリットとして

①高精度な歯形を作ることができる

 

 

 

 

見てもらうとわかる通り従来の型どりに比べ高精度な印象が可能です。

②不快感の軽減

従来の粘土のような材料を使用せず型取りをするため不快感、印象材の硬化時間がない為時間短縮、嘔吐反射の軽減

③安全性

ITeroのスキャナーは放射線を一切使用しないため、被爆せず人体への影響はなく安全で、安心です。通常だと歯型を取る際、印象材が喉の奥に流れ込んでしまい誤飲の心配もありません。

④治療期間の短縮

マウスピース矯正の際、従来ですと型取りしそれをアメリカに輸送していたのでマウスピースが出来上がるまでの時間がかかっていたのですがITeroでスキャニングをしデータをその場でアメリカに送信するため、大幅に時間が短縮されます。

また、武蔵小杉クリニックでは現在、マウスピース矯正(インビザライン)ITeroを用いて簡易診断を無料で行っております。スキャンしたデータをその場で実際にどのように動くのかシュミレーションをお見せすることができます。

 

 

 

 

 

 

実際に矯正をしてどのように動くのかイメージがつかず矯正に踏み切れない方、少しでも興味ある方は是非!来院お待ちしております。

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

武蔵小杉クリニックはGW期間中も診療しています

こんにちは。武蔵小杉クリニックの西森です。
ゴールデンウィーク期間中、仁愛会歯科武蔵小杉クリニックでは、スタッフの人数を減らして通常通り診療を行っております。

来院時はコロナウイルス感染対策の為、マスクの着用、アルコールの手指消毒、体温の計測をお願いしています。
何か困り事がありましたらまずお電話でご相談ください。

LINEでのご相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 

 

 

武蔵小杉 歯医者 歯科 GW診療 新丸子 GWも空いてる歯医者 中原区 川崎市

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

新型コロナウイルスに関する情報の錯綜について

こんにちは。仁愛会歯科武蔵小杉クリニックの秀島です。

現在新型コロナウィルスに関する情報が溢れ、どの情報を信じ行動すれば良いのか、判断が難しく感じることも多いかと思います。

多くの歯科医院が新型コロナウィルスが猛威をふるう中、治療だけではなく物資の不足、人事や財務危機、様々な対応に追われながら診療をされていることかと思います。この危機を乗り越えるためにも歯科医療従事者が一致団結し、国民への安心安全な治療を提供していけるよう協力していきたいと考えています。

そのような状況で一部の報道やSNSなどで出た、歯科治療の前線で戦う歯科医師をはじめ歯科衛生士や歯科助手が感染のリスクが高いという情報(グラフ)を多くの方が目にしたことかと思います。

今回はこの報道された内容を少し解説させていただきます。
先に断っておきますが、歯科医院にきて治療をすることにリスクがないと言いたいのではありません。

外出して他人と接触する事、何かに触れてしまうかもしれないなど、リスクはあります。当医院でも診療規模を縮小し、スタッフの出勤を調整し、できるだけ治療の延期を行っている状況です。

また厚生労働省からも歯科医療従事者が感染のリスクが高いというエビデンスはないとしています。

後述−−4月24発表された神奈川県内663件の歯科医院での感染者報告数載せています。

報道された『職種別の感染リスク』のグラフが医学的な根拠が無いにもかかわらずそれを事実かのように扱う報道機関、また医療従事者がこのような情報に対して不安に感じてSNSに投稿したりしている現状がありますので、歯科業界に携わる人の尊厳のために情報を発信したいと思った次第です。

大きな転機となったのはニューヨークタイムズから出たこの記事をネットニュースやテレビ番組などでとりあげたことです。
もとデータはこちら→
https://www.nytimes.com/interactive/2020/03/15/business/economy/coronavirus-worker-risk.html

日本のテレビではいくつかの職業が

和訳され紹介されました。

 

 

 

グラフの縦軸と横軸をチェックしてみてみましょう。

このグラフは「職種別感染リスクのグラフ」と言えるのでしょうか?

はたして歯科医療従事者が感染リスクが高いと言えるのでしょうか?

縦軸の「Exposure to diseases」テレビで用いられた和訳を使うと「疾患にさらされる頻度」
記事中の縦軸の説明は以下
The vertical position of each bubble is a measure of how often workers in a given profession are exposed to disease and infection.

 

ここでの疾患はもちろん新型コロナウィルスです。
次に横軸の「Physical proximity to others」「他者との物理的距離」です。
記事中の横軸の説明は以下
The horizontal position is a measure of how close people are to others during their workdays.

①疾患にさらされる頻度 と ②他者との物理的距離 この2つが今回のコロナウィルス感染において重要なファクターである事に異論はありませんが、いくつもあるファクターのうちの一部にすぎないのは一目瞭然だと思います。
今回のグラフはたった2つのファクターのみで結論付けていて根拠に欠けると思います。
また今回のグラフにある①疾患にさらされる頻度とはどのような状況を指しているのでしょうか?
歯医者へ来院された方には検温も問診も当然のことながら行っています。もちろん無症状の感染者の存在も否定できませんが、すべての状況に言えることかと思います。往来している方々の健康状態を確認できないなか、歯科医院では来院時に検温や問診を行っているため、発熱や咳など症状ある人がいらっしゃることはありませんので「疾患にさらされる頻度」が高いとは考えにくいと思います。

実際に歯科医療従事者は感染リスクが高いかどうかは新興感染症であるあるため現時点で答えを出せる人はいないと思います。しかしながら日本とNYではまったく感染状況が異なるにもかかわらずニューヨークタイムズが出した記事をだして歯医者は感染リスクが高いと結論付けてしまうのは早計かと思います。
この記事を執筆した方は過去にもグラフを用いた記事を多用していますが、医学的な論文などは執筆していないようです。そもそも医療関係者ではありません。そして今回も、縦軸と横軸で単にデータを組み合わせて出来たグラフという感じがします。

グラフでは考慮されていませんが、歯科医院ではスタンダード・プリコーション(標準感染予防策)を実施しています。
歯科医院ではHIVや肝炎ウィルス、インフルエンザなど全ての感染症に対応すべくマスク・ゴーグル、グローブの着用など感染予防を疾患の有無に関わらず全数徹底して治療にあたっています。
そのような中で歯科医療従事者は過去にインフルエンザや他の感染症にかかる人が多かったのでしょうか? 今回の新型コロナウィルスも、他のもっと感染力が強いウィルス感染症と戦ってきた歯科医院という特殊な環境の中では感染リスクが高いとは言えないように感じます。(あくまでも患者さんから歯科医療従事者への感染という観点です)

神奈川県内歯科医院663件の調査結果がIOS(包括的矯正歯科研究会)から報告されました(4/24)

新型コロナ感染が発生した医院:0件(663件中)全体の0%
自主休診をされている医院:9件((663件中)全体の1.3%
診療時間の短縮をされている医院:54件(663件)全体の8.1%

ショッピングモールなどに入っているクリニックがモールの閉鎖とともに休診されているのではという印象です。腫れて痛い、入れ歯が壊れた、痛くて噛めないなど食事がとれなくなる方は常に一定数いらっしゃいます。
とあるSNSでは『うちのクリニックはこんな状況なのにクリニックを閉めない』など従業員が投稿しているのを見受けられます。歯科医院がすべて休診したらどうなるか想像しましょう。全てでなくても多くが休診したらどうなるでしょうか。

ちなみに東京都では歯科医院2500件調査し(4/11発表)
新型コロナ感染が発生した医院:1件(2500件中)全体の0.04%だったようです。
この1件も後に外部で感染した可能性が高いことが分かっており、歯科医院の患者さんの中には現時点で感染者は出ていないようです。

最終的な感染リスク調査は今回のコロナ禍が終息した後になるとは思いますが、このような数値を見ても歯科医院で働く人は感染リスクが高いのでしょうか?

もちろん来院するために外出し、他人との接触があるという点では不要不急の治療は延期という基本原則は大切にする必要があると思います。

一部歯科医療従事者の感染報告はニュースでありましたが、いずれも感染者とクリニック外で接触したことなどが原因と考えられているようです。
また、クラスターが発生したケースでは院内でのスタッフ同士の感染と考えられています。
このような事象を踏まえ当院では治療が終わりお昼休憩などの際、3密を避けるよう心掛けています。

医療物資が不足している中で各医療機関様々な工夫をして感染予防に取り組んでいることと思います。しかし、過剰防衛しすぎないことも必要です。過剰防衛は最前線で戦う医療機関への物資の遅れにつながることに留意する必要があります。

このような状況の終息を迎えるためにも今こそ国民すべてが、そして医療機関同士もクリニックや科を超えて協力しあって乗り越えていかないといけないと強く感じます。新型コロナウィルスによって他の重大な疾患の治療がストップし続けるのは、多くの国民の不利益になります。外出自粛が長引き緊張の糸が切れてしまいそうになりますが、再度気持ちを引き締め直して終息を待ちたいと思います。

 

最後に通院中の方や定期検診に行くか迷っている方はこちらを参考にしてください。
http://www.jin-ai-kai.com/musashikosugi/info.html

また症状があるがクリニックに行くべきなのかわからないという方はLINEでご相談可能です。写真などを送ってもらえるとより詳しくお答えできるかと思いますので活用してください。

 

 

 

 

 

執筆者 院長 秀島 学

この記事の内容は2020年4月29日現在分かっていることをもとに執筆しております。
刻々と変わる情報などもありますのでご了承ください。

《参考》
人との接触8割削減の根拠(わかりやすく動画です)
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202004/565271.html

新型コロナウイルスSARS-CoV-2のゲノム分子疫学調査(武漢からのウィルスは抑え込みに成功していることが分かります)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/467-genome/9586-genome-2020-1.html

空気感染を否定する論文 https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2007942

歯科医院感染状況(こちらはあくまでも調査) https://www.ios-public.com

防護服やマスクの特例での再利用について(厚労省からでましたが参考が米国CDCです)
https://www.jda.or.jp/dentist/coronavirus/upd/file/20200415_coronavirus_reigaitekitoriatukai.pdf
アルコールを用いたマスク再利用の危険性 (論文にする時間がなく緊急提言というかたち)
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t344/202004/565271.html

N95とサージカルマスクにおいてインフルエンザの場合は感染リスクに差がなかった

http://www.kameda.com/pr/ccmc/post_198.html

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

武蔵小杉クリニック 院内勉強会☆

こんにちは、武蔵小杉クリニックの村本です。

先日、院内勉強会で3M社の方に歯科材料の「接着」についてお話をしていただきました。
3M社の製品でみなさんが目にしやすいのはポストイットがありますね!道路標識が見えやすいのも、3M社の製品が採り入れられているそうです。

今回の内容は、私たちが普段使う歯科用のセメントやボンドをどのように使うことで、詰め物が取れる・欠けるというトラブルを回避できるのかというお話でした。

治療をするのはドクターですが、診療補助をする歯科助手や歯科衛生士にとっても とても面白い内容を聞くことが出来ました!

直ぐに実践できることでしたので、早速ですが日々の診療に活かしていきたいと思います。

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

年度末

こんにちは

武蔵小杉クリニック歯科医師の東城です

暖かくなったと思ったら雪が降ったり、気を引き締めて体調管理にはより気をつけなければいけませんね

昨今の新型コロナウイルスの影響で歯科業界も学会の延期や中止なども出ています

自分にできる事はまず何か

口腔内のトラブルが出た時に安心して来院して頂けるよう、クリニックの徹底した衛生管理、自身の手洗いうがいを行い予防に努めてまいりたいと思っております。

 

 

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉

3月

こんにちは!武蔵小杉クリニック衛生士の佐々木です!

今年ももう3月に入りましたね!私は花粉症な

のでマスクと薬が毎日かかせません!今は薬

で症状を抑えていますが来年の花粉に向けて

治療を考えています!

私は毎年スギとブタクサの2回、花粉シーズン

がやってくるので花粉の症状に悩まされない

ようにしっかり対策していこうと思います!

何かおすすめの物があったら教えて下さい!

定期検診でお待ちしています★

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉