痛くなってからでは遅い?
仁愛会歯科 Blog

こんにちは。武蔵小杉クリニックの柴田です。
年末になり忙しい日々を送っている方も多いのではないでしょうか。

疲れてくると、「なんか少し痛い気がする」、「ちょっとしみる」といった症状が出てきて、来院される方がいらっしゃいます。痛みや症状が出てきた場合には虫歯や歯周病が、ご自身が思っているよりも進行してしまっている場合もあり、治療が長引き、何週間も、あるいは何カ月も通院する結果になりかねません。
また虫歯の歯は、患部を削り治療しなければなりません。痛みはなくなりますが、歯の一部が治療によって削られ、失われます。歯にとって大きなダメージとなり、歯の寿命を縮めてしまいます。一度削った歯はもう元には戻りません。

「痛くなったら歯科医院へ行く」では遅いのです。。

定期検診では虫歯や歯周病などがあっても早期発見・早期治療が可能になります。また歯のクリーニングにより虫歯、歯周病の予防ができ、負担を減らすことが可能になります。

何末年始、忙しいとは思いますが、ぜひ定期検診でお待ちしております。
健康なお口で新年を迎えましょう。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉/綱島駅前/用賀の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉