初診の方の
インターネット予約
24時間受付中
>>>

歯磨きでインフルエンザ予防!!!
仁愛会歯科 Blog

こんにちは。用賀クリニックの工藤です。

乾燥する日が続き、今年もインフルエンザが流行していますね。

今までのインフルエンザの予防方法といえば

手洗い・うがい・マスクの着用がよく言われていますね。

実は、歯磨きもインフルエンザの予防に効果的なのをご存知ですか?

口の中の細菌はプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素をつくります。

プロテアーゼ、ノイラミニダーゼは粘膜を覆っているタンパク質を破壊して、インフルエンザウイルスが細胞にくっつき、侵入するのを手助けします。

なので口の中が汚れて細菌が繁殖すると、インフルエンザウイルスにとって格好の環境となってしまうため、インフルエンザが発症しやすくなってしまうということです。

実際に介護施設で歯科衛生士によるお口の清掃を行ったり、小学校で歯磨きを促進する運動を行ったことでインフルエンザの罹患率が減少したとのことです。

効果的な歯磨きのポイント

①寝る前の歯磨きは念入りに!

→寝ている間は唾液が減って細菌が繁殖しやすくなります。歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシを使用して歯と歯の間の汚れまできちんと取りましょう。

②朝起きたら歯を磨きましょう!

→寝ている間に繁殖した細菌が口腔内に多く生息する起床時。
うがいや歯磨きをしないまま飲み物を飲んだり食事をすると、体内にウイルスや細菌を取り込んでしまうことになってしまいます。

③舌の上も忘れずに!

→細菌は歯だけではなく、舌の上にも多く生息しているため、歯磨きの際には舌磨きも忘れずに行いましょう。
やり方は簡単。歯ブラシで数回、舌をまんべんなく軽くこするだけ。
ただし、舌の粘膜はブラシでこすると傷ついてしまうため、優しく行ってください。

④歯ブラシは定期的に交換を!

→歯ブラシを最後に変えたのはいつですか?

お口の細菌を掃除するのが歯ブラシの役目ですから、使用するうちに歯ブラシ自体にも細菌が繁殖します。
しかも、毛先が開くと、歯にきちんと当たりにくくなり、効果的に歯垢を落とせなくなります。
口腔内を清潔に保つためにも、1カ月に1本を目安に交換しましょう。

しばらく歯科医院に行ってないな・・・という方は、ご自身の歯磨きだけでは取り除けない汚れが蓄積されていることも考えられます。

ぜひ歯科医院での検診を受け、クリーニングを受けましょう。

スタッフ一同お待ちしております。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉/綱島駅前/用賀の歯医者

日付:  カテゴリ:用賀