学校での歯科検診
仁愛会歯科 Blog

こんにちは。日吉クリニックの前田です。
関東では梅雨も明け、夏真っ盛りといった感じですね。学生の皆さんはもう夏休みでというタイミングでしょうか。
学生の方は毎年学校で健康診断を受けていらっしゃいますが、そのなかにはむし歯やかみ合わせなど歯科の項目も入っています。
健康診断でむし歯が発覚する方の割合は年々減少傾向にありますが、それでも幼稚園児・中学生では3人に1人、小学生・高校生では2人に1人の方に未治療のむし歯があることが平成28年度の調査で分かりました。
埋め込み画像 1
(文部科学省 学校保健統計調査 平成28年度版より引用)
さらに健康診断では時間や環境の制約上、ある程度大きくなったむし歯しか発見・報告されません。
検診でむし歯がないよと言われた方も小さいむし歯はあるかもしれません。
小さいむし歯の段階なら削って詰める1回の治療でおしまいにできますが、むし歯が大きくなるにつれて治療の時間やコストが増えていってしまいます。
夏休みは長期のご旅行など計画されている方も多いかと思います。
旅先で歯が痛くなってしまわないよう、お時間に余裕があるうちに歯医者さんでの検診もお受けください。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉の歯医者

日付:  カテゴリ:日吉