在宅訪問診療にて2018/5
仁愛会歯科 Blog

寒暖の差、お天気が大きく変化するこの頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
訪問診療部、歯科衛生士の内藤です。

療養生活を送られている患者様の楽しみの第一位は「食べること」

現在仁愛会訪問診療部では外来へ通院困難となられた患者様のご自宅に診療器具・機械
を持ち込みして訪問診療専任の歯科医師の先生とともに診療させていただいております。

介護予防の必要性がうたわれる昨今、歯科が担う役割として口腔機能の向上支援という、
介護予防サービスとして摂食機能療法が注目されています。
最近ムセやすくなってきた、片方ばかり噛んでいる、食事中こぼしやすくなっている、
などご心配なことがあればお気軽にご相談下さい。

当院の先生方のご指導をはじめ、
患者様を支えるご家族、主治医、ケアマネさん方々とご連絡、ご相談させて頂きながらご指導賜り、患者様のより良い療養生活の一助となりますように邁進していきます。

私と一緒に写られている患者様は御歳105歳!!!お肉が大好きな超健康志向の方です。
ご家族様の手厚く寄り添う介護とご自身の身の回りのできることはご自分でという御意志のもと、お元気に療養生活を送られておられます。私の大好きな患者様のおひとりです!(^^)!

お写真掲載にご了承、ご協力いただきありがとうございます。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉の歯医者

日付:  カテゴリ:訪問診療部