右下インプラント症例(クリアランス少なめ)
仁愛会歯科 Blog

武蔵小杉クリニックの秀島です。

先日インプラントの型取りをした方です。

 

奥歯では通常ティッシュレベルのインプラントを使いますが今回はクリアランス(上下の歯を作るスペース)が無く、ボーンレベルを使用してます。

ボーンレベルでは歯茎の下にインプラント体を完全に隠して、その後二次手術にて、インプラントの頭だしてあげる必要があります。(2回法)

1回法であれば二次手術は必要ないのでインプラントの蓋を少し工夫して歯茎の上に出してあげられるようにしました。

型取り時に蓋を外した状態です。

インプラント周りの歯茎に炎症が無く良い状態です。

次回インプラントの上に歯が出来上がってきます。

患者様もこちらも非常に楽しみです。「奥歯でなんでも噛めるようになった」

と言っていただけるように日々精進です。

 

来院回数:5回(消毒や抜糸も含む)

費用:324,000円+再診料1080円×来院回数

 

 

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉/綱島駅前/用賀の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉