口の中が白い? そんな方は白板症の可能性も!
仁愛会歯科 Blog

こんにちは。武蔵小杉クリニックの柴田です。

突然ですが、歯ぐきや舌、頬の粘膜がなんか白いなあ、拭っても取れいんだよな、、、 そんな方はいませんか?
そんな方はもしかしたら白板症かもしれません。

 

白板症とはどんな病気なのでしょうか?》
白板症とは、口の粘膜が肥厚し白く変化する病変で、摩擦によって除去できないものをいいます。見た目は、粘膜が板のように厚くなったり、はん状・まだら状になっていることもあります。40歳以降の男性に多くみられ、舌や歯ぐき、頬にできやすいです。
痛みは伴わないことが多いです。ただ稀に、ものが当たると痛む、しみるなどの症状がでる場合もあります。
また白板症は、前癌病変といわれ口腔ガンに変化する可能性もありますので要注意な病変です。

原因
明らかな原因は不明ですが、継続的な物理的・化学的な刺激、たとえばタバコ、アルコール飲料、不適合な補綴物(被せ物や入れ歯)、ビタミンAの不足などが関係あるともいわれております。

診断
確定診断には、組織を採取して診断する必要があります。(生検

治療
病状により切除することが必要な場合があります。その他にはビタミンAの摂取、禁煙、不適合な入れ歯、修復物の調整などを行います。また切除しない場合には、長期間かけてガンに変化する可能性もあるため、定期的な経過観察が必要になります。

 

白板症は、痛みなどの自覚症状を伴うことが少ないため、歯医者さんに指摘されて、初めて知るという方も多いです。
気になる方は是非一度ご相談ください。

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉