初診の方の
インターネット予約
24時間受付中
>>>

マタニティ診療
仁愛会歯科 Blog

こんにちは。仁愛会歯科 用賀クリニックの工藤です。

 

妊娠すると歯周病のリスクが高くなるのをご存知ですか?

 

女性ホルモンは歯周病菌の増殖を助長するため、妊婦さんは歯周病へのリスクが高まります。

妊娠性歯周炎(妊娠性歯肉炎)

妊娠中にかかる歯周病のこと。歯ぐきに腫れや出血を生じます。

歯周病菌は子宮の筋肉に影響し、早産や低体重児出産のリスクが高まります。

 

妊娠性エプーリス

ホルモンバランスの影響により、歯ぐきにコブやしこりのようなものができることがあります。

多くは産後に自然になくなります。

 

また、つわりによって歯磨きをするのが困難になったり、食事を何回にもわけてすることで

お口の中が酸性である時間が長くなり虫歯にもなりやすくなります。

 

 

虫歯菌や歯周病菌はお母さんからお子様へ垂直感染を起こすため注意が必要です。

歯周病は「歯周病菌による感染症」です。

キスをしたり、同じ食器を使ったり…家族間での感染も起こります。

お子様の為に妊婦さん自身だけでなく、ご夫婦やご家族での歯科検診をおすすめします。

毎日のセルフケアだけでなく、定期的に検診やクリーニングをして

虫歯や歯周病を予防しましょう!!

 

当院では妊娠前・妊娠中のマタニティ診療を行っています。

妊娠中は初期・中期・後期によって行える治療が変わってきてしまいます。

妊娠したら早めに妊婦検診を受けましょう!

 

 

仁愛会歯科|用賀/目黒/学芸大学/自由ヶ丘/武蔵小杉/日吉/綱島/綱島台/綱島駅前の歯医者

日付:  カテゴリ:用賀