スポーツマウスガードはプロに任せて下さい。
仁愛会歯科 Blog

小杉クリニックの院長の秀島です。

最近はめっきり秋めいてきて気温も下がってきましたね。冬もすぐそこまできているのを

日々感じています。

スポーツ用のマウスガード(マウスピース)というと一般的にはボクシングや格闘技、

ラグビーなどに使用され、口腔内の損傷を防ぎますが、その他の多くのスポーツでも

最近は使用されています。

マウスガードを使用することで上下の歯の接触面積が増え、噛み合わせが安定するので

筋力を最大限発揮したりバランス感覚が上がることがパフォーマンス向上につながると

考えられています。

しかしマウスガードは種類も多く、『どういったものが合うのか分からない』

『市販のものを試しに買ったけど違和感がすごかった』なんてことがある方もいるのでは

ないでしょうか?

仁愛会ではそれぞれのスポーツに合ったマウスピースをご提案、豊富なカラーバリエーシ

ョンから選んでいただけます。

以下はあくまでもサンプルです。こだわりがある場合はさらに細かくデザインを構成可能

です。

競技によって当然目的が変わるので作成方法も変わります。

上記以外にも前歯の部分を抜いた特殊なものなど厚みや覆う部分などは競技によって変え

ていきます。

マウスガードを作るときに一番重要なのは印象(歯科で行う型取り)です!!

この型取りが不十分だと守りたい部分にマウスガードが行き届かない事になりかねませ

ん。また機能時の違和感の原因にもなります。

ネットなどでは購入者に型取りをさせて、郵送されてきたものを使ってマウスガードを

作ったりなんて事もあるようですが、この型取りを素人の方がうまくできているとは到底

思えません。若手歯科衛生士も若手歯科医師も苦労するくらいですからね。ただ一般の方

が見たら、歯の部分の型がとれてれば『成功!』みたいな感覚かもしれません。

マウスガードの意義を考えたら市販品などはとてもお勧めできません。(市販品を買って

るという方ごめんなさい。。)

昔どんなものか購入してみたことがありますが、お湯で軟化させ自分の口に放り込

む・・・みたいなものもありましたが、ぴったり合うはずもなくただの半透明なゴミに

一瞬で変わりました。

今はカラーバリエーションも豊富で、文字を入れたりシールを入れたり、プロが使ってい

るものと同じ精度、機能のものが一般の方でも簡単につくれます。

打撃系だけではなく、全てのスポーツに対応可能ですので是非ご相談ください。

 

 

 

仁愛会歯科|目黒/学芸大学/自由ヶ丘/日吉/綱島/武蔵小杉/綱島駅前/用賀の歯医者

日付:  カテゴリ:武蔵小杉